教えて!ワーカーがクラウドソーシングサイトを利用するメリット

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングサイトを使うメリットとは?

22-1

クラウドソーシングは通常、「クラウドソーシングサイト」を介して受発注を行うのが一般的ですよね。しかし、受注側であるワーカーにはサイト利用手数料が発生する場合も多いので、経費の削減を考え、クライアントとの直接契約を考えることもあるのではないでしょうか。しかしクラウドソーシングサイトを利用することで、さまざまなメリットを得ることもできます。今回は、クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を例にして、サイトを利用することによるメリットについてまとめてみました。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイトなら仮払い制で仕事ができる

オンラインで知り合った相手と仕事をするうえでネックになるのが、報酬などの金銭問題ですよね。インターネットは自分の活動フィールドを無限大にひろげられる強力なツールですが、一方で、相手と会ったり、金銭を直接手渡ししてもらったりといった行為が難しい場合があります。インターネットで知り合ったビジネスパートナーと対面できない場合、報酬が支払われるかどうかの保証はありません。ワーカーは「ちゃんと報酬は支払われるのかな?」という不安や、報酬をもらいそこねるリスクと付き合っていく必要があります。しかし、クラウドワークスを含むクラウドソーシングサイトでは、仮払い制を採用しています。依頼開始前にクライアントが報酬をサイトに預け(仮払い)、ワーカーが成果物を納品したあとに、正式に報酬がワーカーのものとなります。報酬面のリスクを最小限に抑えることができるので、安心して作業に取り組むことが可能です。

クラウドソーシングサイトならプライバシーを守れる

22-2

また、インターネットで仕事相手を探す際にもうひとつネックとなるのが、「プライバシーをいかに保護するか」という点です。インターネットは相手の顔が見えないこともあり、容易に携帯番号や自宅番号、住所といった連絡先を教えにくいものですよね。しかし、メールアドレスひとつでは相手の信用を得ることが難しく、何らかの固定アドレスや氏名を教える必要性がでてきます。しかしクラウドソーシングサイトを利用すれば、ペンネームで仕事することもできますし、仕事の会議室にもなる専用スレッドが自動的に用意されます。むやみに連絡先を教えることなく、仕事を進めることが可能です。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイトは仕事の宝庫

22-3

なお、クラウドソーシングサイトを利用するメリットは他にもあります。クラウドソーシングサイトには日々多くの案件が集まるので、自分のスケジュールと照らし合わせながら、コンスタントに仕事を受注することができます。また、ワーカー側が好きに改ざんできない、第三者のサイトでコツコツと積み上げた評価は、客観的な信頼をすぐに得たい時にも役立つといえるでしょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイトを活用してみよう

いかがだったでしょうか。ワーカーがクラウドソーシングサイトを利用すると、手数料が発生しますが、代わりに得られる恩恵も大きいことがおわかり頂けるかと思います。クラウドソーシングサイトをうまく活用して、安心かつ快適なクラウドソーシングライフを送ってみましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク