業務効率化
Pocket

公開日: 2019.08.09 / 最終更新日: 2020.06.26

中小企業の採用とは?課題・悩み、成功させるコツ、成功事例を紹介

日本全体で「人材不足」や「採用難」が叫ばれる中、自社に合う優秀な人材を採用したいと願う中小企業は多いです。当記事は、中小企業での採用活動の課題を紹介した後、採用活動を成功させるコツや具体的な成功事例を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

労働力確保として、在宅アシスタントやオンライン秘書を利用する企業が増えています。ハイレベルな人材を紹介する「ビズアシスタントオンライン」資料はこちらをご確認ください。

 

日本企業での「採用難」の現状とは?


採用難が叫ばれている現状ですが、大企業も中小企業も同じような状態なのでしょうか。

大手企業も苦戦している

人手不足に悩んでいるのは、なにも中小企業だけではありません。いわゆる「売り手市場」が続く近年の日本においては、大手企業でさえも人材確保に必死です。多くの大手企業が、優秀な人材を採用するために労働条件や待遇の改善を進め、アピール合戦を行っています。少子高齢化・労働力人口の減少が進めば進むほど、この傾向は強まっていくでしょう。

中小企業はさらに厳しい

大手企業でさえ苦戦している採用活動。当たり前ですが、中小企業の場合だと問題はさらに深刻です。売り手市場になればなるほど、労働者側からの要求は強くなります。しかし、大半の中小企業は、その要求にこたえることができません。そのため、多くの人材は、より給与が高く福利厚生の充実している大手企業を選ぶことになります。

中小企業の採用活動の課題・悩みとは


中小企業は、知名度において大手企業には勝てません。そのため、採用活動の最初の関門とも言える「自社の存在を知ってもらうこと」のハードルが、大手企業と比べて高いことになります。

また、採用にかけられるコストにおいても、中小企業と大手企業では差があります。それなので、中小企業は「いかに効率的に採用活動を行うか」を意識しなければなりません。

中小企業を苦しめる人手不足の原因や解決策は、こちらの記事でも紹介しています。
関連記事:なぜ中小企業は人手不足なのか?原因と解決策から成功事例も解説!

中小企業の採用活動を成功させるコツ


中小企業の採用活動を成功させるコツについて解説します。

求める人物像を明確にする

採用活動を行うにあたり、まずは採用ターゲット・求める人物像を明確にしましょう。どの部署にどのような人材が不足しているのか、どのようなスキルや能力を持った人材が欲しいのかを具体的に設定したうえ、社内で共有するべきです。

また、採用したい人物像だけでなく、採用したくない人物像も明確にすると、採用活動がよりスムーズになります。

認知度を高める工夫をする

中小企業の知名度や認知度は、基本的に大手企業には及びません。そのため、中小企業は自社の認知度を高める工夫をする必要があります。SNSを活用したりインターンシップを行ったりと、さまざまなアプローチ方法を試してみてください。

採用人数によって戦略を変える

採用活動を成功させるためには、柔軟に戦略を変えることが大切です。特に、採用人数によって戦略を変えることは非常に重要。たとえば、採用したい人数が2~3人であれば、大手ナビサイトに予算をかける必要はありません。直接ターゲットに会いに行くなど、別のアプローチ方法を取ったほうが効果的な場合もあるでしょう。

補助金・助成金の受給を視野に入れる

企業の人材不足や採用難は、国全体としての課題でもあります。そのため、補助金・助成金という形で、国も中小企業の雇用をサポートしています。たとえば、以下のような補助金・助成金が存在するため、ぜひ内容や条件等を調べてみてください。

・若年者等正規雇用化特別奨励金
・既卒者採用拡大奨励金
・試行雇用奨励金
・中小企業基盤人材確保助成金
・高年齢者雇用開発特別奨励金

採用サイトを作る

採用サイトとは、その名のとおり、人材採用を目的としたサイトのことです。多数のステークホルダーに向けて作られるコーポレートサイトとは異なり、採用サイトのメインターゲットはあくまでも求職者に限られます。そのため、求職者に対してダイレクトに深いアプローチをすることが可能です。

実際に働くイメージが湧くようなサイトを作り、企業や社員の雰囲気を伝えてみてください。

採用業務を外部化する

人員や採用ノウハウが不足している場合は、採用業務を外部化する手もあります。採用担当者が注力すべきは、やはり面接などのコア業務でしょう。そのため、日程調整などのノンコア業務は外注化してしまう企業も増えています。

自社にノウハウが蓄積されないというデメリットはありますが、質の高い採用活動を行うためにも、採用代行サービスやアウトソーシングの活用も検討してみてください。

中小企業の採用活動の成功事例は?


中小企業における採用活動の成功事例を紹介します。

株式会社サン技研

石川県金沢市に本社を構える株式会社サン技研は、飲料機械の設計などを手掛ける従業員10名程度の会社です。あるとき、仕事の受注拡大により、2名の人材を早急に中途採用したいと考えていましたが、採用活動には行き詰まりを感じていたそうです。

そこで取り組んだのが、ホームページのリニューアル。自社の魅力を伝えるような公式ホームページを作成することで、リニューアルから3週間後に、無事人材採用に成功しました。

株式会社サンチャレンジ

株式会社サンチャレンジは、「野球が好き」という熱意を採用基準とする「野球採用」を実施しました。野球という共通の趣味を通じて、コミュニケーションを円滑にしたり、チームの結束力を高めたりするのが狙いです。

「その企業で何をするのか」も大事ですが、「誰と働くのか」を重要視する求職者も少なくありません。「野球採用」は、「野球好きな人と一緒に働きたい」という求職者のニーズを満たしているわけです。

株式会社カスタムメディカル研究所

広告費をかけたりユニークな採用手法を試したりせずとも、採用活動に成功している企業はあります。たとえば、株式会社カスタムメディカル研究所は、「70歳の体操のお兄さん」というキャッチーな言葉で、シニア世代の活躍をPRしました。

職場の魅力を上手く伝えることで、費用をかけずにプロモーションを成功させ、シニア採用を積極的に進めている事例です。

面白法人カヤック

株式会社カヤックは、「面白採用キャンペーン」と称し、多種多様な採用キャンペーンを実施しています。たとえば、ゲームの上手さで内定を出す「いちゲー採用」や、履歴書は使わずにGoogleの検索結果を見て選考を行う「エゴサーチ採用」。さらに、ほかにも以下のような採用キャンペーンを行いました。

・ポートフォリオ奨学金
・夫婦採用
・バックトゥザフューチャー採用
・佐藤採用
・エイプリル採用

※最新の採用キャンペーンは公式サイトをご覧ください。

中小企業の労働力確保としておすすめな方法


日本における採用難の現状や中小企業の採用活動に関して詳しく紹介してきましたが、人材採用がなかなかうまくいかない場合、雇用する以外の方法を知っておくのも有力な選択肢になるでしょう。

ビズアシスタントオンライン

人と接する必要がある仕事など、どうしてもその場にいなければならないなら仕方ないですが、仕事によってはオンライン上で済むものもあるのではないでしょうか?そのような時におすすめなのが、在宅アシスタントやオンライン秘書サービスです。

数あるサービス会社の中でも、「ビズアシスタントオンライン」は豊富なデータベースの中から求める人材をマッチングします。在宅型のアシスタントとなるので、通常の採用時に発生する社会保険や交通費などの間接費はかかりません。なお、雇用形態は企業とビズアシスタントオンライン(運営:株式会社ビズアシ)での業務委託契約となります。

紹介する人材はすべて事務局によるスキルチェックと面接を通過した人のみで、稼働記録が分かる画面のスクリーンショットや独自のタイムカードシステムによって、稼働の記録をしっかりと確認できるのもポイント。最低1カ月から・月50時間から依頼でき、企業が支払うのは時間単価だけです。仕事内容にもよりますが、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ビズアシスタントオンラインの資料内では、業務別の時間単価や料金プランを詳しくまとめています。依頼できる業務一覧や企業事例なども紹介していますので、ぜひご覧ください。
ビズアシスタントオンラインの資料をダウンロードする

 

まとめ

中小企業での採用活動の課題について紹介した後、採用活動を成功させるコツや具体的な成功事例を紹介しました。求める人物像を明確にして、自社に合わせた戦略・採用手法を選びましょう。また、人材不足問題に対処するためには、外部人材の活用も視野に入れてみてください。

優秀なオンライン秘書を紹介!
「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

ハイレベルな在宅アシスタント紹介「ビズアシスタントオンライン」の登録人材、事例、利用方法をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・専門スキル人材が欲しい
・間接費を含めてコスト削減したい
・利用相場や企業事例を知りたい
Pocket


にしすん
早稲田大学商学部卒業後、コンサルティング会社で人事業務を担当。新卒・中途採用全般に携わる。 その後、フリーランスとして独立。WebマーケティングやWeb広告の分野で活躍中。マーケティング・金融・会計・人事労務など、幅広い知識を持つ。

コメントは受け付けていません。