業務効率化
Pocket

公開日: 2020.07.14 / 最終更新日: 2020.08.31

Twitter運用代行とは?業務内容や費用、依頼先の選び方を紹介

インターネットが普及するなかで影響力のあるマーケティング手段となったのが、SNSによる発信や広告出稿です。しかし、自社で運用を行うには膨大な時間と労力がかかるため代行を検討している企業が少なくありません。ここではSNSのひとつであるTwitterの運用代行について、サービス内容や相場、依頼先の選び方などを紹介します。

おすすめのTwitter運用代行依頼先とは?
在宅アシスタントサービスのビズアシスタントオンラインは、豊富な経験をもつプロへの依頼を最小限のコストに抑えられるのが特長です。▶「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

 

Twitter運用代行のサービス内容とは?


Twitter運用代行サービスの内容は主に以下の4つです。

ブランディング戦略・企画

Twitterを含めたSNSマーケティングは、単にアカウントの運用だけではなく、配信したい商品やサービス、企業などのマーケティング全体によるブランディング戦略のひとつです。その上でTwitterの役割や目的、ターゲット、配信内容を決めることが必要であり、運用代行サービスには運用戦略や企画の設計などが求められます。

戦略の部分は一般的にはサービスに含まれていることが多いですが、もし含まれていない場合はかならず設計の依頼をしましょう。戦略や企画が決まって初めてアカウント開設となり、プロフィール入力、必要なテキストの準備、カバー・アイコン写真の設定などを行います。

投稿代行・コメント管理

Twitter運用が始まったあとは、閲覧者の属性や最適なタイミングを考慮して定期的な投稿・必要に応じた対応を行います。また、リアクションがあったコメントへの返信や必要なアプローチ施策も実施します。

広告運用

Twitter閲覧者やターゲットのペルソナ、嗜好性に合わせて、最適な広告を最適なタイミングで配信します。バースデーメッセージ、季節のグリーティング、セール情報、限定特典などを効果的に配信代行します。

レポート作成

投稿やコメント返信などの実施状況や広告運用実績など、Twitter運用の結果をまとめた定期的なレポートも作成します。エンゲージメントを最大化するための改善案などを提案してくれるサービスならば、それを元にPDCAを回すことが可能です。

Twitter運用代行をするメリットとは?


続いて、Twitter運用を代行するメリットを説明します。

コア業務に集中できる

SNSマーケティングの重要性が高まっていることもあり、その運用に労力と時間を割かれてしまう企業が少なくありません。TwitterなどのSNS運用を外注することで自社スタッフは営業などのコア業務に専念でき、業務の効率化や利益増を見込めます。SNSの運用作業のみを外注したとしても、社員はそれを元にした戦略づくりやターゲットのコミュニケーション強化に注力できるため、より効果的なマーケティングが可能となります。

人件費や教育コストが削減できる

代行業者は専門のスキルとノウハウを有するため、依頼することによって即戦力を確保でき、社員を雇う人件費や教育コストを削減できます。また、担当社員の移動や退職に対するリスクヘッジも可能です。

最新の運用方法を実行できる

Twitterは投稿者の匿名性が高いことから気軽にフォローやリツイート、リプライができるため、トレンドやユーザーの利用状況に左右されやすく変化が激しいSNSのひとつと言えます。企業の配信内容は最新の運用方法に合わせる必要がありますが、自社で対応するのはなかなか難しい部分もあります。その点、Twitter運用代行サービスであれば常に最新の運用が実現可能です。

Twitter運用代行にかかる費用は?


Twitter運用を外部に依頼するとどのくらいの費用が発生するのでしょうか。

SNS運用代行企業の場合

Twitter運用を企業に依頼する場合、依頼内容や依頼期間などによって大きく変わるものの一般的には月額制のパッケージ料金を提供しているところが多いです。月額の料金相場は大きく3つに分かれ、基本的な記事作成と投稿のみの代行ならば月額2~10万円が相場です。

コメント返信や簡単なレポート作成までを含めて追加依頼すると月額10~30万円ほどで、相場の範囲内で記事や写真のレベル向上、記事数アップの交渉ができることもあります。さらに、広告運用や高度な分析などを追加すると月額50万円以上ほどです。50万円を超えると、広告運用のほかにも競合他社分析・改善点の提案などが含まれるようになります。

フリーランスの場合

SNSの運用は個人のスキルに左右されることが多いため、企業ではなくフリーランスに依頼したとしてもその成果が大きく変わることはありません。むしろ時間に制約のないフリーランスのほうが細やかな配信や競合チェック・分析などに対応できることもあり、料金も企業に比べて抑えられることもあります。

フリーランスに依頼するとなると、たとえば企業では50万円以上かかっていたフルスペックの業務を、人によっては月額20万円程度で依頼することもできます。時間単位では時給2,000円程度で依頼できることもあります。何を依頼するかにもよりますが、金額や依頼内容をフレキシブルに変えることができる点でも、フリーランスに依頼するほうが効率的と言えます。

Twitter運用代行先の選び方のポイント


Twitter運用の代行先を選ぶ際に重視すべきポイントのひとつに、運用実績があります。自社と同じ業界の実績や経験が豊富な会社を選ぶようにしましょう。SNSの運用は、業界・業種、扱う商品・ターゲットが変わるとアプローチ方法も変わります。記事の作成は業界ならではの情報や知識がないと書けないことも多いため、こうした各業界の慣習などに精通した代行先が良いです。

また、目的を達成するための具体的な手段を持っているかどうかも代行先選定での重要な要素です。たとえば、こちらが希望するKPIに対してどのように達成するかの手段とロードマップを明確に示すことができ、同様の成功事例などがある企業ならば安心できます。運用がうまく進まず効果が現れていないときの対応策なども考えている会社だとなお良いでしょう。

Twitter運用代行先なら「ビズアシスタントオンライン」


Twitterを含むSNSの運用代行の依頼先として「ビズアシスタントオンライン」を利用する方法もあります。ビズアシスタントオンラインは企業が求めるニーズに合う個人をマッチングしてくれるサービスで、運営局は事前にどのようなスキルや経験をもつ人材を求めるのかじっくりとヒアリングします。依頼相手の個人は全員が在宅勤務となり出勤してもらう必要がないため、全国に在籍するプロから探せるのもポイントです。

最短で1カ月から依頼でき、事前に双方が稼働時間などを取り決めた上で契約を締結します。最短1営業日でマッチングとなるため、できるだけ早く依頼先を探したい場合にもおすすめです。詳しい依頼の流れや相場などは以下の資料をごらんください。

ビズアシスタントオンラインの利用の流れや相場、企業事例がわかる資料をダウンロードする

まとめ

TwitterなどのSNS運用は、企業や商品の重要なマーケティング戦略の一環です。高いレベルで効果的な運用を行うためにも、自社にリソースがなければプロに依頼することが効果的です。その際、企業だけではなくフリーランスなどの個人の活用も選択肢のひとつなので、ぜひ検討してみてください。

優秀なオンライン秘書を紹介!
「ビズアシスタントオンライン」サービス資料

ハイレベルな在宅アシスタント紹介「ビズアシスタントオンライン」の登録人材、事例、利用方法をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・専門スキル人材が欲しい
・間接費を含めてコスト削減したい
・利用相場や企業事例を知りたい
Pocket


coolpolaris
広告代理店でマーケティングやストラティジックプランナー、ライター等を長年担当。専門は統合マーケティングコミュニケーションで、リサーチ実施・分析及びWEBも含めたトータルコミュニケーションプランの構築やブランディングを得意とする。WEBマーケティング経験も多数。

コメントは受け付けていません。