外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2021.09.10

医療ライターへ仕事を頼むには?事前に確認すべきスキルや注意点とは

感染症の流行などの背景から、医療関連の記事や文章を目にする機会が増えています。これらの記事を書く人は「医療ライター」と呼ばれることがありますが、具体的にはどのような人を指すのでしょうか?今回は、医療ライターの概要や仕事の依頼方法、依頼時の注意点などを紹介します。

医療ライターとは?

まずは、医療ライターの概要を簡単に紹介します。

主な仕事や必要資格

医療ライターの主な仕事は、Web媒体・紙媒体等に掲載する医療関連(健康・美容などを含む)の記事や文章を執筆することです。
一般的に、医療ライターとは「医療分野の文章執筆が得意な人」のことを指しますが、あくまで「職業としての肩書」であるため特別な資格は必要ありません。中には、医療系以外の記事(グルメ・家電など)を主に執筆しながら、副業として医療ライターをしている人もいます。

メディカルライターとの違い

医療ライターとメディカルライターは同一視もしくは混同されることがありますが、両者には明確な違いがあります。
医療ライターが医療・健康・美容などの幅広いジャンルにわたる文章を執筆するのに対し、メディカルライターは「医療関連の専門知識が必要な文章」の執筆を行います。例として、医薬品の説明書、新薬の承認申請、医療従事者のための解説書、症状や疾患の説明書などが挙げられます。

メディカルライターの方が医療ライターよりも専門的な知識が求められることから、医師・看護師・薬剤師・歯科衛生士などの有資格者が兼務するケースも多く見られます。

仕事の依頼方法

医療ライターとして活動している個人へ依頼する場合、執筆してほしい文章に見合った経歴・スキルを持つライターを探して連絡します。個人のHPやDM、スキルマーケットなどを通じて連絡・依頼を行う方法が主流です。

医学的な見地を必要とする文章・資格が必要な書類などを依頼したい場合は、有資格者を探して依頼する必要があります。医療関連企業に所属するメディカルライターへ依頼したり、文章作成代行会社や出版社に所属するライターの中から有資格者を探して依頼したりする方法が一般的です。

文章作成代行へ仕事を依頼する際の詳細については以下の記事にまとめてあるため参考にしてください。

関連記事:文章作成代行には何を依頼できる?依頼先の選び方や料金、注意点とは

どんな人が医療ライターをしている?

すでに紹介した通り、医療ライターには本業・副業両方のケースがあります。ここでは、どちらのケースも含めて、どのような人が医療ライターとして活動しているかを紹介します。

医療関係者、元医療関係者

まず、現役の医療関係者・医療従事者、もしくは過去に医療関係者・医療従事者であった人が挙げられます。現役の医療関係者が副業として医療ライターをしたり、引退後に医療ライターへ転身したりなど、個人によって契機や活動スタイルはさまざまです。

看護師・歯科衛生士・薬剤師・臨床技師などの資格を有する人であれば、専門的な文章を依頼できる可能性が高まります。

ライター、記者

医療分野の執筆を得意とするライター・記者の中にも、医療ライターとして活動する人がいます。
執筆する文章の専門性、掲載メディアの種類、仕事のスタイル(在宅ライター・取材ライターなど)などは個人の経歴やスキルによってさまざまであり、「担当するジャンルのうちのひとつ」という位置づけで医療関連の文章を執筆する人も多く見られます。

医療ライターに仕事を依頼する際の注意点

医療ライターに依頼する際は独自の注意点があるため、事前に確認しましょう。

医療知識と文章力のチェック

医療知識の豊富な人が文章力にも優れているとは限らないため、どちらも兼ね備えているかどうか依頼前にチェックしておくことをおすすめします。その医療ライターが過去に執筆した文章・掲載メディアなどによってある程度の傾向がわかるため、参考にすると良いでしょう。

また、執筆にあたってリサーチ・取材・インタビューなどが必要な記事をまかせたい場合は、情報収集スキルや対人スキルも必要です。得た情報を読者にわかりやすく伝えるスキルを持っている医療ライターであれば、なお望ましいでしょう。

記事の信頼性を確保する

ことに医療関連の文章において、不確かな情報の掲載は避ける必要があります。
そのため、医療の専門知識が十分でないライターに執筆を依頼する場合は、記事の信頼性確保のために監修者(専門医・有資格者など)も同時に探しましょう。

専門医などに取材を行い、さらに別の監修者のチェックが入っている記事であれば高い信頼性を確保できるため、取材した医師や監修者の氏名・経歴・顔写真などを掲載して良いかどうか事前に確認しておくとスムーズです。

依頼費用とスキル・品質の兼ね合い

医療関連の文章は専門性が高いものが多く、執筆依頼の費用相場も高い傾向にあります。しかしながら、依頼したいライターが費用に見合ったスキルを持っているかどうかについては判断が難しいケースが少なくありません。

そのため、ライターの経歴・実績や実際に執筆した医療系文章のサンプルなどを事前に確認させてもらい、費用対効果を考慮した上で依頼を検討しましょう。

多彩な医療ライターがそろう「クラウドワークス」

医療に関する知識・文章力を兼ね備えた医療ライターを探している場合、クラウドソーシングサービスを利用する方法もあります。業界最大手のクラウドワークスは登録ワーカー数が400万人を超えており、スキル・実績のある医療ライターも多数活躍しています。

医療ライターを検索する際は、保有資格やスキル、職種(医師・薬剤師・歯科衛生士など)で絞込検索できるため、医療・健康などの執筆経験が豊富な人材だけでなく、医療情報を監修できる人材を探すこともできます。

気になる医療ライターが見つかった場合は、プロフィール画面で実績や経歴などを確認でき、面談実施や文章サンプル送付などのリクエストも可能です。また、依頼前に執筆費用の見積を請求できるため、双方が納得した金額で契約を結ぶことができる点もメリットです。

クラウドワークスの利用にあたり、サイト登録料・発注手数料などは発生しないため、コストを抑えて依頼できます。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


ippo(一歩)
ビジネス系Webメディアにて執筆を担当。カード決済会社など、複数のオウンドメディアでの執筆経験あり。自身が従業員の教育や指導で得た経験を活かした、業務効率化やビジネス知識の解説などのテーマを得意とする。ブログ運営やビジネス心理学講座で1年半以上学んだ知識や経験をもつ。

コメントは受け付けていません。