外注ノウハウ

公開日: 2022.08.15

【2022年】医師監修の記事、依頼費用やおすすめの依頼先は?

医学的な根拠を必要とする記事を制作したい場合、医師または専門家へ監修を依頼することを「医師監修」と呼びます。では、医師監修を依頼するとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
今回は、医師監修の基礎知識や依頼するメリット、費用相場、医師監修の依頼先などを紹介します。

医師監修とは

医師監修とは、医学的な内容を含むコンテンツ(医療・美容・ヘルスケアなど)を制作する際に、医師が記事監修を行うことです。実際に記事を執筆するのは、医師免許や特定の資格を取得していないライターであるケースが多いため、以下のような観点から医師にチェックを依頼します。

・医学的な内容を扱う部分に情報の誤りや偏りはないか
・読者の誤解をまねく表現、複数の解釈が可能な表現が使用されていないか
・薬機法(旧:薬事法)が守られているか

近年は医師監修の記事が増加傾向にありますが、その背景として「コンテンツのクオリティ・価値・信頼性を高め、検索エンジンで上位表示させたい」というニーズが挙げられます。
とくに、医療系のオウンドメディア・キュレーションサイトは数多いため、検索上位を狙うためにはGoogleの「検索品質評価ガイドライン」が定める評価基準(E-A-T)を満たす必要があります。

【E-A-Tとは】
・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

つまり、Googleは以下のような記事・コンテンツを評価する傾向にあり、E-A-Tを高めるために医師監修を依頼するケースが増えています。

・特定のテーマを深掘りした「専門性の高い記事」
・有資格者や専門家が監修した「権威性の高い記事」
・正しい情報や根拠をまとめた「信頼性の高い記事」

E-A-Tを満たした記事はGoogleからの評価が高まるだけでなく、ユーザーにとっても有益な記事といえます。

医師監修を依頼するメリット

続いて、医師監修を依頼するメリットをいくつか紹介します。

記事の信頼性が向上する

医師監修を依頼すると、医学的な根拠や専門知識にもとづいた「正しい情報」を発信できるため、記事(あるいはコンテンツ全体)の信頼性が向上するというメリットがあります。
また、「この記事は医師監修のもと制作しています」という文言を入れたり、監修者の情報(医師の名前・経歴・所属病院など)を記載したりすることで説得力が増し、ユーザビリティの向上にもつながります。

SEO対策になる

先ほども紹介した通り、医師が監修した記事はE-A-Tを満たせる可能性が高いため、SEO対策になることがメリットです。専門性・権威性・信頼性の高い記事やコンテンツを制作すると、他サイトからの被リンクやサイテーション(引用)の獲得につながり、ユーザーによるSNSでの拡散といった副次的な効果も期待できます。

炎上リスクが軽減する

制作した記事がSNSで拡散・炎上してしまう例として、掲載されている医療情報が誤っていたり、紹介されている運動法や食事法を実践したユーザーが健康被害を訴えたりするケースが挙げられます。
医師に監修してもらうと「薬機法に違反していないか」「医学的な情報が正しいか」「誤解されやすい表現はないか」などの点を正確にチェックしてもらえるため、炎上リスクを軽減させることができます。

医師監修を依頼する際の費用相場

次に、医師監修を依頼する際にかかる費用について説明します。
医師監修の費用は、監修者の職業や所持している免許の種類によって相場が異なります。

【医師監修の費用相場】
・医師免許を持っている場合:1記事あたり3~5万円
・士業(看護師など)の場合:1記事あたり2~4万円
・その他の専門家の場合:1記事あたり5,000円~3万円

中長期的に医師監修を依頼する場合、監修者(医師・看護師など)の給与や時給をもとに、監修費用を算出するケースもあります。また、無償で医師監修を頼める場合もある一方で、有名な医師へ依頼すると相場より高額になることもあるなど、監修を依頼する相手や内容によって費用は大きく異なる傾向にあります。

医師監修の依頼先

ここでは、医師監修の依頼先について紹介します。

個人の医師

まず、個人の医師へ記事やコンテンツの監修を依頼できるケースがあります。ホームページやSNSで情報発信をしていたり、仕事用のメールアドレスを公開していたりする医師の場合、比較的引き受けてもらいやすいかもしれません。
医師へ直接依頼を行えば仲介手数料がかからないため、コストカットにつながります。しかし、料金・納期などを直接交渉する必要があるため、監修への着手までに手間がかかり、「忙しい」「条件が合わない」といった理由で断られる場合もあります。

記事監修サービス

記事監修サービスとは、依頼側が制作した記事に関する監修やアドバイスを受けられるサービスです。監修者のキャスティングを仲介会社に依頼するため、仲介手数料はかかりますが、スムーズに専門家が見つかる点がメリットです。
ただし、監修者が自動アサインされるため、誰に依頼するかを選べない点、記事のジャンルに詳しい監修者がいるとは限らない点などには注意が必要です。また、記事の内容や方向性によっては引き受けてもらえないケースもあるため、事前の問い合わせが必要です。


クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは、仕事を外注したい人・受注したい人をインターネット上でマッチングするサービスのことです。医療系の有資格者や専門家、インフルエンサーなどが多数登録しているクラウドソーシングサービスを選べば、条件に合う人材が見つかる可能性が高くなります。また、監修を依頼したい医師と個別にメッセージをやりとりしながら記事の内容を詳細に伝えたり、料金や納期などの交渉を行ったりすることもできます。

ライティング代行会社

ライティング代行会社は、さまざまなスキルを持つライターや専門家が所属しているため、以下のように「医師監修」と「記事作成」を同時に依頼できるケースがあります。

・ライターに執筆してもらい、医師へ記事監修を依頼する
・ライターではなく、医師などの専門家に直接執筆してもらう
・専門家へのインタビューをもとに、ライターが記事を作成する

ライティング代行会社に依頼すると、自社で記事制作をする必要がなく、クオリティの高い監修記事を納品してもらえます。一方で、文字数や記事の難易度に応じて料金が変わり、費用は比較的高額です。また、「発注記事数は10記事~」「受注料金は30万円~」など、最低発注記事数や最低受注料金が決まっているケースもあります。

医師監修の依頼なら「クラウドワークス」へ

医師監修の依頼先はいくつかありますが、費用を抑えて依頼できるクラウドソーシングサービスがおすすめです。なかでも日本最大級の「クラウドワークス」は登録ワーカー数が400万人を超えており、医師免許を持つ人材や、美容・ヘルスケアの有識者などが多数登録しています。

「医師」などの条件で絞り込みを行い、表示されたワーカーのプロフィールを見れば、医師としての実績や経歴、取得免許の種類などを確認できます。監修を依頼できる記事の本数や金額はメッセージやオンライン面談などで直接交渉することが可能です。記事監修サービスのように医師が自動アサインされるのではなく、複数のワーカーを比較・検討してから自分で依頼したい医師を選べることがメリットです。

仕事を依頼できる医師が3,000名以上!プロフィール一覧はこちら

クラウドワークスは仲介料・登録料などの手数料が一切かからないため、費用を抑えて医師監修を外注したい場合にも向いています。監修者だけでなく、ライター・インタビュアー・企画構成作成者なども多数おり、制作するコンテンツに適した人材を探したい場合にもおすすめです。

【記事監修を依頼できる有資格者の例】
・医師
・歯科医師
・看護師(正看護師)
・薬剤師
・獣医師
・鍼灸師(鍼灸マッサージ師)
・理学療法士
・心理カウンセラー

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい


クラウドソーシングTimes編集部
クラウドソーシングTimes編集部です。クラウドソーシングの最新事例やマーケティング・業務効率化など、企業活動に役立つ情報をお届けします!

コメントは受け付けていません。