発注者側も受注者側も、知ろう!クラウドソーシング内の依頼相場

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

クラウドソーシングサービスを使えば、安価に成果物を得ることができます。
しかしその空間を利用して受注をかける場合、その案件にふさわしい値段をつけなければなりません。
ライティング案件の相場としては「400字で200円」程度となっていますが、こういった相場を無視して「400字50円」などとしてしまえば、当然受注者は現れなくなります。
発注者側も受注者側も、クラウドソーシング内の依頼相場を知っておいて損はないので、この記事の中でチェックしてみましょう。

クラウドソーシング内で扱われている仕事は多種多様

クラウドソーシングのサイト内を見てみると、実に多種多様な案件があることが分かります。
ライティング一つとっても、案件の種類は翻訳、データ入力、クチコミ執筆などなど多岐にわたっていますし、その内容の難易度によっても、価格はかなり変動してくるのです。
もしこれから一つのジャンルで活躍していくことを考えるのであれば、まずはそのジャンルの相場を一つ一つチェックし、全体の平均となる額を把握するべきだと言えます。

その案件例

クラウドソーシング内には、「え?こんなものまで?」といった案件が数多く投稿されています。
その中には、大別してデザイン、ライティングの二つのジャンルがあり、中にはアプリ開発のためのエンジニアを募集するようなものもあります。
デザイナーの場合はコンペ形式でロゴデザインを投稿し、バーナーを作ることで小銭を稼ぎ、ホームページ制作などで大まかな収入を得るという風になっており、ライターの場合はひたすらクチコミ執筆やブログ執筆案件を大量にこなすことで、一定の報酬を得ているのです。

各報酬額例

たとえば、ロゴ作成案件だと一件1000円というものもあれば、一件数十万円というものもあり、その企業の規模によって報酬にかなり幅があります
大企業になると報酬も大きくなってくるのですが、最近では不況の影響もあるため、大企業でも【バナー一つ1000円】、【2000円】といったクラウドソーシングを利用するようになりつつあるのです。また、ライティングの場合は1文字0.6円程度が相場となっていますが、専門性が問われる場合はその2倍~4倍が相場となることもあります。

まとめ

クラウドソーシングの世界には常に、初心者が多く存在するので、相場を知らないまま案件を出して損をしてしまう方や、相場を知らずに受注して大損してしまうクリエイターなどがどうしても多くなりがちです。
クラウドソーシングの世界で働く人々が常に適正な報酬を受けながら働くためには、双方が適切な報酬を知っておくということがマストになります。
報酬の額が適切ではないと感じられる場合は、適切だと思われる額を提案しつつ、誠実にやりとりするようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク