ロゴデザイナー必見!クラウドソーシングのコンペはメリット多数!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングのロゴコンペに参加するメリットとは?

49-1

クラウドソーシングサイトには、「コンペ形式」という発注方法があります。たとえばロゴデザインをコンペ形式で依頼した場合、発注者は一定のコストで複数のパターン案を得ることができますよね。一方受注者側には、「作品を作っても報酬に繋がらないかもしれない」というリスクが生まれます。では、ロゴデザイナーがコンペ形式に参加するメリットとは、いったいどのようなものなのでしょうか? 今回は、ロゴデザイナーがクラウドソーシングのロゴコンペに参加するメリットについてまとめてみました。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングで人脈づくり

クラウドソーシングサイトのコンペ形式に参加するメリットのひとつとして、「人脈づくりに役立つ」という点が挙げられます。クラウドソーシングサイトには、大中小さまざまな規模の企業がクライアントとして登録し、依頼を発注しています。クラウドソーシングサイトのロゴコンペに参加することで、採用の有無にかかわらず、デザイナーとしての技術を相手に広報することが可能です。もし作品が採用されなかった場合でも、クライアントがクリエイターのセンスを認めていれば、別件の依頼を個別に発注することも。クラウドソーシングのコンペ形式に参加することで、仕事を通じて自身の才能を「売り込む」ことができます。

クラウドソーシングでセンスを磨く

49-2

また、クラウドソーシングサイトのロゴコンペに参加することで、自身のセンスをより磨くことができます。クラウドソーシングサイトのコンペ形式では、採用された作品や、候補になった作品群が公開される場合がほとんどです。つまり、同じ題材、同じニーズを前にしたライバルたちがどのような作品をつくり、最終的にどの作品が選ばれたのかを自分の目で確認することができます。自分にはなかった発想を見つけたり、クライアントの求めていた「正解」を分析してみたりなど、コンペは自身を成長させられる絶好の機会といえるでしょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコンペの注意点

49-3

クラウドソーシングサイトのコンペ形式に参加する時は、クライアントが提示する追記に気をつけましょう。クラウドソーシングサイトのコンペ形式の案件ページには、どのようなロゴを作って欲しいのかが分かる「依頼内容」が明記されていますよね。クリエイターは掲示された依頼内容をもとに、コンペに提出する作品を制作します。しかし時折クライアントは、従来の依頼内容にくわえて、さらに盛りこんでほしいデザイン要素を「追記」することがあります。クラウドソーシングサイトのコンペに参加する際は、この「追記」メッセージを見逃さないようにしましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイトのコンペに参加してみよう

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」には、ロゴデザインのコンペ案件が多数寄せられています。デザイナーとしてコンペに挑戦し、より豊かな人脈を築いてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク