上手に利用して仕事の効率アップ!クラウドソーシングサービスの効果的な発注の仕方

クラウドソーシングトップに戻る

使い方を知れば、超便利!クラウドソーシングサービスとは

画像1_comp
写真AC
日々業務を行っていると、「人手が足りない!」「専門的な知識がある人がいればな…」
と感じることってありますよね。

だからといって、新たに人を雇うほどではなく、ただ手をこまぬいているという状態でありませんか。
そんな時は、クラウドソーシングサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングサービスとは、インターネットを利用して不特定多数の技術者に向けて
業務委託を依頼する外注の方法です。

多くのワーカーの中から、自分たちの求める技術者を選ぶことができる上に、
必要な時にだけ募集をかけることができるので、
人材不足に悩んでいる企業にはぴったりのサービスなのです。

今回は、クラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」を利用して、
仕事を発注する方法をご紹介していきます。

【リンク:日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

仕事の発注の仕方は大きく3通り

画像2_comp
写真AC
クラウドワークスでの仕事の発注の仕方は、大きく分けて3通りの方法があります。
プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式の3通りです。
それぞれの特徴と、上手な発注の方法を解説していきます。

1.プロジェクト形式

プロジェクト形式は、特定のメンバーと契約して業務を依頼する方法です。
発注する側からワーカーに声をかけたり、
募集に応募してきたワーカーの中から適任者を選んだりして、パートナーを見つけ出します。

長期的に依頼する見込みのある業務や、作りこんでいく必要がある業務など、
特定のメンバーで続けていく必要がある業務の依頼に向いています。

例えば、開発、ホームページ作成、記事のライティングなどの依頼にぴったりなのが、
この依頼の方法となります。

プロジェクト形式でワーカーを募集するときのポイントは、
どういった業務を依頼するのかを具体的にすることと、
具体的な報酬の内容、継続的に依頼したい旨を明記することです。

ワーカーにとっては、長期的な仕事の確保は魅力的なものです。
全面にアピールすることで、多くの応募を受けることができます。

2.コンペ形式

コンペ形式は、一気に提案を集めて、その中から最適のものを選ぶ方法です。
短期間で多くの提案が寄せられるため、多くのアイデアを見比べて決めたいときや
スピーディに成果物を手に入れたい場合などに最適です。

この募集形式は、ネーミング、ロゴデザイン、バナーデザインなどの依頼に向いています。
コンペ形式で提案を効率よく、多く集めるためには、
募集するものがどういった用途、場面で使われるのかを詳しく書いておくことが大切です。

使用用途が分かれば、応募者もイメージがわきやすく、
より希望にマッチする案を得ることができます。

全体的な雰囲気やカラーなど、決まっていることがあれば、もれなく募集内容に記載しましょう。

3.タスク形式

タスク形式は、ひとつの業務内容を多数のワーカーに依頼する方法です。
簡単な内容の仕事を大量に消化したいときなどに向いています。

仕事依頼を公開した時点から、メンバーは作業に入ることができるため、
応募者一人ひとりと契約する必要がないのが特徴です。

スピードと量が重視される発注方法で、
データ入力や、アンケート入力、質問などの注文に向いています。

この依頼形式は、公開と同時に作業が始まるため、
依頼内容に不備や記載もれが無いよう十分確認してから公開するよう、注意が必要です。
依頼が公開されれば、想像以上のスピードで業務が片付くことでしょう。

発注形式を上手に使い分けて、クラウドソーシングを使いこなそう

画像3_comp
写真AC
クラウドソーシングサービスを利用すれば、今までの人材不足や技術不足を十分に補うことができます。
世界各地からサイトに登録している有能な技術者たちの仕事ぶりはスピーディかつ正確であり、
企業の力になってくれること間違いなしです。

ご紹介した依頼の募集のかけ方を参考に、クラウドソーシングサービスでの業務委託で
企業の運営をもっとスマートにしていきましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク