×
  1. 記事内容に合う「自分で撮った写真」1枚の相場について
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
記事・コンテンツ作成の見積もり・相場に関する相談

記事内容に合う「自分で撮った写真」1枚の相場について

回答
受付中
回答数
2
閲覧回数
310
困ってます  : 困ってます


現在、ライターさんと契約し、記事作成の納品作業を進めている者です。

今回、記事内容が特殊なため「ライターさんが自分で撮った写真」を
記事で使いたいなと考えています。

そういった、「ライターさんが自分で撮った写真」を頂く場合、
1枚あたりの相場はおいくらくらいでしょうか?
タダで提供していただくのは気がひけるので相談させてもらいました。

2018年11月20日 08:40
haduki.mさんからの回答

はじめまして。
私はライターですが、特定のジャンルが専門なので自分が撮った写真を使う原稿をよく書いています。
写真こみ原稿料での交渉が多いですが、原稿と写真を切り離して計算されることもあります。
手持ちの写真を提供する場合と、その原稿のために撮影するのでも価格が変わってますね。

○ピントがあっているか、加工でも対応できないような瑕疵はないかという基本的なクオリティもありますが、
そもそもどの程度のレベルの写真を求めていらっしゃるのかによって価格が大きく変わると思います。
また、写真1枚の価格というならタダから万単位まであると思いますが、原稿料との兼ね合いもあるのではないでしょうか。

ちなみに写真を特に勉強したことがなくカメラマン兼任を標榜しないライターである私のレベルなら、
スマホやコンデジで撮ったスナップ程度なら\10~300、
コーディネートもして一眼レフで撮ったもので\500~1500程度いただいています。

○対象物の制作が必要なもの、あるいは撮影チャンスが限られるものなどでは上記価格にその分が上乗せされる感じです。また作業手順のようにとにかくわかりやすければ良いというものと、コーディネートやアングルのセンスがポイントとなる写真でも価格は結構違います。

あまり具体的なお答えになっていなくて申し訳ありませんが、少しでもご参考になれば。

2018年11月20日 13:43
naviさんからの回答

はじめまして。

ほしい写真が風景や動物の写真ならいいですが、「記事の内容に即したもの」ということは、その多くに「人物」が必要なものと推測します。
となると、撮影代云々だけの話ではなくなります。

人物が写っているということは、被写体の人物の肖像権が発生します。
つまり、写った人が「他人にその写真を渡してもいい」「公共の場であるインターネット上に掲載してもいい」という許可が必要になります。
ということは、許可を取る手間や手続き(口頭では、後にそんな許可した覚えはないと言い出す可能性があるので、書面での契約書が必要)、それから被写体の人物の利用料が必要になりますから、例えば写真1枚100円だったとしても、手数料数百円+被写体の人物が1枚に付き5,000円というかもしれません。
被写体が複数人だったら、モデルの費用はもっとかかりますし、モデルの肌の露出度によっての費用も変わるでしょう。

あなたが考えるほど単純なものではありませんよ。
だって犯人画像みたいに人物の顔が全てぼかされていたり、目線隠しが入っている画像なんて使えないでしょう?
だから皆フリー画像を使うんです。

ただフリー画像でも思い通りの写真を探すのは大変です。
日本のサイトだけでなく海外のサイトを使うことになっていきますが、海外のサイトはフリー画像に混ぜて有料の画像に誘導されたり、商用利用だと有償の場合が多く(完全フリーではない)、しかも全ての説明は英語で記載されているので下手をしたら損害賠償の対象になる可能性もあったりするので、フリー画像を探すというのも思うほど簡単なことではありません。

自分で1枚だけでも「思い描いているのに近い画像」を探してみるとわかります。
1枚探すのに30~60分くらいザラにかかったりします。

だから、それを知らない人は画像代込みで記事を書いてくれることもありますが、一度でも経験すると二度とやってくれなくなります。
つまり、フリー画像であっても探す代金を出すか、画像を諦めるか、自分で探すようにしなければ人は集めにくいです。
記事書く以上の時間がかかりますから。

2018年11月20日 22:00
ご意見箱

× 今後表示しない