マーケティング
Pocket

公開日: 2019.07.31 / 最終更新日: 2020.11.09

効果的なプロモーションの方法とは?具体的な手法一覧や事例も紹介

自社の商品やサービスのプロモーションにおいて、効果的な方法を選択するにはどうしたら良いのでしょうか。今回の記事では、プロモーション方法における具体的な手法、実際の企業事例などを紹介します。ぜひ自社のプロモーションを検討する際の参考にしてみてください。

プロモーション実施時に検討すべき施策とは?
マーケターがとるべき戦略や、プロモーション実施時に検討すべき25施策をまとめた資料を無料ダウンロードできます。▶マーケティング担当者が、実施を検討したい25コの施策リスト

 

プロモーションの役割とは?


プロモーションとはマーケティングにおける「4P」のひとつで、「広告宣伝活動」「広報活動」「販売促進活動」などが具体的な戦術として挙げられます。

プロモーションの役割は、商品やサービスの認知アップを行い、購買の意思決定を促すことです。言い換えると、商品やサービスがまだ認知されていない状態から、消費者に知ってもらい、買いたいという気持ちにさせる一連の活動のことを指します。

プロモーション方法の2つの戦略とは


プロモーションの方法としてどのような戦略があるのでしょうか。ここでは、一般的に使われる「プル型戦略」「プッシュ型戦略」の2つを紹介します。この違いを理解し、自社の課題に対してどちらが適しているか見極めましょう。

プル型戦略

プル型戦略は、広告や広報などの活動によって消費者の自発的な購買行動を促す戦略です。簡単に言えば、売る側が消費者に「買ってください」と直接アピールしないようなプロモーション活動です。

たとえば、Web上で発信するコンテンツやSEO、SEM、PR活動、SNSを活用したエンゲージメント構築などが、プル型戦略にあてはまります。

プッシュ型戦略

プッシュ型戦略は、名前のとおり、売る側が消費者の背中を押して購買意欲を高める手法です。TVや雑誌などの広告、店頭でのセールスプロモーションはプッシュ型戦略の代表例と言えるでしょう。

プロモーションの5つのアプローチ方法とは


プロモーションのアプローチ方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは「広告宣伝」「パブリックリレーションズ」「セールスプロモーション」「人的販売」「SNS、口コミ」について紹介します。

広告宣伝

プロモーションの中でも代表的なのは広告宣伝です。具体的には、テレビ・新聞・雑誌などの広告、交通広告、サインボード広告、オンライン広告などがあてはまります。広告は広告費を支払って出稿するため費用がかかりますが、伝えたいメッセージを届けたいターゲットにリーチできる点が大きな特徴です。

こちらの記事では広告の種類を具体的に紹介しているので、あわせてご覧ください。
関連記事:広告の種類ってなにがあるの?特徴や費用などを一覧で大公開!

パブリックリレーションズ(PR)

パブリックリレーションズは広報活動とも呼ばれます。発信したい情報を雑誌社、新聞社、TV局などにアプローチしていく方法です。実際に記事にしてもらえるかどうかは分からないこと、情報発信の視点が第三者からの目線になることは広告と異なる点です。具体的には、ニュースリリース、イベント、メディアへの紹介などが手法として挙げられます。

PRの効果的な進め方や成功させるコツはこちらの記事をご覧ください。
関連記事:PRで結果を出す方法は?企業や商品の成功事例とともに解説!

セールスプロモーション

セールスプロモーションは販売促進とも言われ、商品やサービスを買ってもらうことを主目的とした活動です。具体的には、店頭のPOP、ポスター、イベント、サンプリング、チラシ、キャンペーン、価格訴求などがこれにあてはまります。

店舗におけるプロモーション手法やイベントプロモーションの方法・コツなどは、こちらの記事をそれぞれご覧ください。
関連記事:店舗プロモーションとは?誘導型などの具体的な手法や事例を紹介!
関連記事:イベントのプロモーションは効果ある?集客のコツから事例も紹介!

人的販売

セールスプロモーションと似ていますが、人間が直接関わって販売していく方法を人的販売と言います。具体的には、営業活動全般、キャッチセールス、ダイレクトコール、イベント出展などです。

SNS、口コミ

近年、取り組む企業が増えているのが、SNSや口コミを活用したプロモーションです。インフルエンサーの活用、SNS上での広告、キャンペーンなどが代表例として挙げられます。消費者との距離が近いSNSは、ブランドや企業に親近感を持ってもらうというブランディング面でも有効活用ができます。

SNSマーケティングの効果や注意点はこちらの記事をご覧ください。
関連記事:SNSマーケティングとは?SNS4種類の特徴と効果を徹底解説!

独自のプロモーション方法を貫いた成功事例


実際にどのようなプロモーション方法が成功しているのでしょうか。ここでは、企業における成功事例としてJR東日本によるSKISKIキャンペーン、Airbnbによる口コミキャンペーン、近畿大学国際学部によるSNS「#すべてが勉強中」キャンペーンを紹介します。

JR東日本:SKISKIキャンペーン

広告宣伝活動の代表的な例といえるのが、JR東日本のSKISKI広告です。「ぜんぶ雪のせいだ」「そこに雪はあるか」などの印象的なキャッチコピーに加え、若手女優やモデルを起用することで毎年話題になる広告です。長年継続していることで成果が大きくなっていることもありますが、インパクトのある広告、コピーを用いた成功事例と言えます。

Airbnb:口コミキャンペーン

Airbnbは、宿の予約をする際に口コミの重要性に目を付けたプロモーションを行いました。口コミを書いてくれる人と宿の経営者の両方にインセンティブが入るような仕組みを導入し、口コミの数を増やすことに成功しています。また、インフルエンサーマーケティングも実施し、結果的に事業を大きく拡大させました。

近畿大学国際学部:SNS「#すべてが勉強中」キャンペーン

近年、ユニークな取り組みにより入学希望者が増加している近畿大学では、国際学部の学生を対象にSNSキャンペーンを行いました。留学している学生に、海外での生活や授業の様子を「#すべてが勉強」というハッシュタグをつけて投稿してもらう、という内容です。Webサイトとも連携して留学のリアルを発信し、国際学部に興味がある学生にもアプローチしました。

まとめ

今回は効果的なプロモーションというテーマで、役割、プル型・プッシュ型戦略の違い、具体的なプロモーション手法、実際の事例について紹介しました。SNSが広く普及したことで、プロモーションの仕組みや形も複雑化しています。マーケティングミックスを意識して、ぜひ自社のプロモーションについて検討してみてください。

マーケティング担当者が
実施を検討したい25コの施策リストとは?

プロモーション施策や体制等で悩む担当者へ、25個の施策リストや実現可能な体制構築のカギを紹介します。

【こんな方におすすめ】
・施策リストをまとめて確認したい
・施策を決定する際の基準を知りたい
・施策が実行できる体制を作りたい

Pocket


Yukifun26
消費財メーカーでマーケティングを担当。消費者調査、コンセプト・商品開発、ブランディング、メディア戦略立案、販売戦略立案などブランドマーケティング全般、WEBマーケティングについてはオウンドメディア管理、SNSマーケティング、SEOなどを実務として経験。

コメントは受け付けていません。