SEO対策でのキーワード設定の効果的なプランニング方法とは

サイトへの流入を促すときに重要なのはキーワード選定のプランニングです。キーワード選定のプランニングによって、見込み客につながるユーザーが広く獲得できるかが決まってきます。SEO対策でのキーワード選定のプランニングで知っておきたいことをまとめました。

キーワード選定のプランニングの重要性

キーワードプランニング
なぜ、キーワード選定のプランニングが重要なのでしょうか。

サイトのアクセス数を増やしたいときに効果的なことは、検索エンジンからの流入を増加ささせることです。SEO対策によって、検索順位を上げていくことで、検索エンジンからのアクセス数を伸ばすことにつながります。

このとき、大切なのが「キーワード選定」です。キーワード選定によって、サイトが呼び込みたいユーザーの流入につなげられるかどうかが決まってきます。キーワード選定のプランニングの前には、ターゲット設定を明確にして、どんなユーザーを呼び込みたいか検討しておく必要があります。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

キーワード選定のプランニングは3段階

キーワードプランニング_1
キーワード選定のプランニングは、ユーザーの消費行動をもとに考えていく必要があります。

一般的にサイトの最終的な目的であるコンバージョンは、商品やサービスの購入、あるいは、サービスへの登録です。しかし、検索エンジンからの流入でコンバージョンだけに絞り込んでキーワードを選定したのでは、ユーザーの流入は限定的です。ユーザーがコンバージョンに至るまでの3段階のステップを留意した、キーワードのプランニングを行うことがポイントになります。

まずは、第一段階目は「情報収集」です。たとえば、ダイビングを始めようと思ったときに、スクールを探している人が調べることは、ダイビングスクールのことだけではありません。ダイビングのウェットスーツや機材の購入にかかる費用、ダイビングのライセンス、初心者向けのダイビングスポットなど、ダイビングを始めるにあたって知っておきたいことも検索します。

次の第二段階は「比較」です。第一段階の情報収集の結果、「ダイビングスクールに行きたい」という気持ちが高まったユーザーは、ダイビングスクールを比較します。「都内か海の近くのどちらがいい?」、「都内の場合の海洋実習が行われる場所への送迎はある?」、「費用が安いのはどこ?」といった視点でダイビングスクールを比較検討します。

そして、第三段階は「行動への最終決定」です。ユーザーがダイビングスクールに申し込む意思がより明確になり、申し込みを検討しているダイビングスクールが絞りこまれます。スクールの情報自体を深く知りたいと思うとともに、口コミ情報や割引情報なども調べます。

コンバージョンに直接つながるようなキーワードだけに目を向けるのでは、ユーザーを幅広く取り込むことができません。3段階のそれぞれの段階で、ユーザーの流入につながるキーワード選定をプランニングしていくことが必要です。

キーワード選定のプランニングにおすすめのツール

キーワードプランニング_2
キーワード選定のプランニングでツールを使うと、効率よくキーワード出しをすることができます。キーワード選定のプランニングに活用しやすいツールを2つご紹介します。

Google AdWords キーワードプランナー
Googleが無料で提供しているツールで、Googleの検索エンジンのデータをもとに、キーワードの月間検索ボリュームやキーワードの競合性などを調べることができます。ただし、2016年3月からは登録方法が変わり、リスティング広告を出稿しない人にとっては、少し使いにくいものとなっています。

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール
Googleなどの検索エンジンで、キーワードを入力したときに、サジェスト機能で表示されるキーワードを取得できます。サジェスト機能とは、検索エンジンで検索窓にキーワードを入れたときに、関連の深いキーワードを予測して表示するものです。

編集部コメント

ターゲットの消費行動の3段階に沿ったキーワード選定のプランニングによって、検索エンジンからの流入の増加に結び付けましょう。キーワード選定のプランニングが的確であるほど、見込み客につながるユーザーが獲得できます。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

コメントは受け付けていません。