Web集客につなげるブログ活用法!成功のコツを徹底解説

Web集客のためにホームページを立ち上げたものの一向に効果が出ないということはありませんか?そんな時に考えてみたいのが、Web集客のためのブログの活用。文字数の多いコンテンツ更新は難易度が高いという場合にもおすすめです。そこで今回は、Web集客につなげるブログの手法を解説します。

サイトを立ち上げてもWeb集客に結びつかない理由

ブログ
せっかくWeb集客を狙ってホームページを作成しブログを始めても、新たな顧客獲得になかなか結び付かないという例は多いようです。

2015年版中小企業白書(経済産業省)によると、中小企業の60%以上が自社製品の紹介や集客のためにホームページを開設しているものの、約半数近くの企業がその効果をあまり感じられないと答えています。その一方で、売り上げ拡大や営業のためのIT投資に積極的に取り組み、高収益につなげている中小企業も存在します。では、Webサイトが集客に結びつかない原因はどこにあるのでしょうか?

新たな顧客を開拓し販売経路を広げるのが、ホームページ作成の目的の一つのはず。それでもWeb集客につながらないのは、自社製品のアピールだけになっている、情報を更新していない、ユーザーの興味を引きつける情報がない、SEO対策に無頓着など、さまざまな要因が考えられます。そのほかにも、ユーザーの目線に立っていない自己満足のブログや欲しい情報にたどり着きにくい構造などもWeb集客に結びつかない原因です。

潜在的な顧客獲得のためには、検索上位に表示されなければなりません。そのために必要なのが、コンテンツやブログによるSEO対策です。

Web集客の手段としてブログを活用する目的とは?

web集客
Web集客のためには、ユーザーが欲しい情報を提供するコンテンツを充実させ、更新を続けることが必要です。そのために注目したいのがブログの活用。実際に、自社製品に関する固定したコンテンツに、ブログなどの動的コンテンツをうまく組み合わせて集客力を上げている企業も存在します。では、Web集客につながるブログとはどのようなものなのでしょうか?

・ブログの目的

そもそもブログの目的とは、興味を持ったユーザーにサイトを訪れてもらうことと、既存の客にそのサイトのファンでいてもらうこと。ブログを運営するということは、ユーザーを引きつける情報を発信するためだということを忘れてはいけません。そのため、内輪ネタやサイトのテーマと関係のない内容、宣伝ばかりのブログにならないよう注意しましょう。


・ブログのメリット・デメリット

ブログのメリットは、新製品の情報やサービスなど最新の情報を手軽に発信でき、親近感を持ってもらえること。興味を持つ人が多ければSNS(ソーシャルメディア)での拡散も狙え、潜在客の掘り起こしにも有効です。
一方、デメリットは、ブログを更新し続けないと信用を失いかねないこと。この点に注意して、Web集客にブログをうまく活用していきましょう。

Web集客につなげるブログSEOのテクニック

Web集客につなげるブログ活用法
ブログをWeb集客につなげるは、ユーザーのニーズを満たしているか、SEO対策ができているかという2点を意識する必要があります。

まず、ユーザーがどのような情報を欲しがっているのか、キーワードリサーチに十分時間をかけましょう。ここは手を抜かずに時間を費やすことが必要です。

重要なキーワードは、タイトルと記事の冒頭に置くのが基本です。複合キーワードとともに文中にも適度に配置しましょう。ただ、あまりに多くのキーワードを無駄に盛り込みすぎるのも考えもの。1つのブログのキーワードは3つ程度に絞り、その分ロングテールキーワードでブログ記事の更新を増やした方が検索される機会も多くなります。

さらに、ブログ記事を見る決め手になるディスクリプション(記事の要約)では、内容をわかりやすく説明。タイトルもユーザーの目に留まるものにすれば、SNSで拡散されてリンクを貼ってもらうチャンスも増えるでしょう。

Web集客のためには、ナビゲーションメニューを用意することも大切です。ブログの記事からブログのトップページや関連するコンテンツ、サイトの情報などへアクセスしやすくなっていますか?ユーザーにとって親切でかつ見て欲しい情報に誘導できるようにしておきましょう。

編集部コメント

ブログをうまく活用するとWeb集客を安定したものにできます。十分効果を引き出すためには、充実した内容で更新頻度を上げることが大切。SEO対策のテクニックも駆使し、決して自己満足にならないブログで集客につなげていきましょう。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

コメントは受け付けていません。