最近よく聞く動画マーケティングとは?活用事例を交えて、こっそり解説します!

160912_movie_article

なんか最近よく聞くようになったなぁと感じる「動画マーケティング」という言葉。「動画を活用したマーケティングだよね!」・・・というところで理解が止まってしまっているそこのあなた!今回は「動画マーケティング」という言葉は知っているけど、実はよく分かっていない人に向け、こっそりと解説します。

動画マーケティングは古くて新しい!

「動画マーケティング」と聞くと、何か最近盛り上がってきたような言葉である気がしますが、実は新しい手法ではないです。そう、テレビを付けたら毎日流れているあれです。テレビCMですね。CMも各社の目的は様々であるかと思いますが、究極的には売上アップを目的としたマーケティング活動(特に、ブランディングや認知拡大を狙う)です。そのため、特段「動画マーケティング」自体は新しい手法ではないのです。ちなみに、日本初のCMはテレビ放送が開始された同年1956年だそうです。

では、「最近よく聞く動画マーケティングって何?」かと言うと、「動画を活用したWebマーケティング」のことです。換言すれば、今までのWebマーケティングの手法の1つとして、「動画」が注目されているのです。

もちろん、注目されるのは理由がありますので、それを次の見出しで解説していきます。

Webマーケティングの手法としての「動画」の魅力!

そもそもWebマーケティングってなんだっけ?

動画の魅力を解説する前に、基本のキということで、「Webマーケティング」について少し触れます。

「Webマーケティングって何ですか?」と聞かれたときに、回答は十人十色、時代によって千変万化であるかと思いますが、個人的には

「集客」×「コンバージョン(CV)」×「リピート」を最大化する諸活動

というのが一番しっくりきています。

言い換えると、たくさんの人を集めて(集客)、たくさんの人に買ってもらって(コンバージョン)、たくさんの人に再度買ってもらう(リピート)にはどうすればいいのかを考え、実行することです。
※ブログ大魔王「LIGさんの記事」がすごくわかりやすいです!

「集客」という観点で言えば、もはや世界の中心と言っても過言ではないGoogle大先生の検索エンジンをベースにしたSEO、いわゆるオーガニックからの集客。他にもリスティング・ディスプレイ広告などペイドからの集客、Facebook、Twitterなどソーシャルからの集客が代表的な方法です。

次に、「コンバージョン」という観点で言えば、集客したユーザーに気持ちよくサイトを使ってもらうためのUI/UX改善や、オンラインだけに頼らないリアルな電話サポート。

最後に、「リピート」という観点で言えば、「コンバージョン」とも重なる部分はありますが、メールマーケティングやリマーケティングです。最先端の技術で言うと、ダイナミック広告でしょうか。
※ダイナミック広告については「こちら」が分かりやすいです!

OK。Webマーケティングについては分かった。じゃあ、動画の魅力は?

ちょっと前置きが長くなりましたが、本題である「動画」の魅力について。

それは・・・

テキストよりも遥かに五感に訴えること

です!

・・・「そんなの当たり前じゃん。」「煽りまくった結果これかよ」と思った皆様申し訳ございません。

ただ、ちゃんとした裏付けデータも自由の国アメリカのinvodo社が公開してくれていました。

・消費者がネットサーフィンで動画に費やす時間は、全体の60%
・消費者の52%が、コマーシャル動画の視聴によって購買を喚起
・コマーシャル動画の視聴者は、174%も購買意欲がアップ
・モバイルからの動画視聴はPCの3倍と急拡大

※参照:invodo社資料

このデータから読み取れるキーワードとしては「購買」の2文字。上記で説明したWebマーケティングの文脈で言うと、「コンバージョン」の観点です。

少し想像してみてください。自分がネットで何か買おうと思った時に、その商品について「動画で説明してくれているサイト」と「テキストだけの説明があるサイト」では、直感的にも前者のサイトの方が購買、つまり「コンバージョン」してくれそうですよね。

また、市場環境という観点から動画を眺めてみると、動画の広告市場は2017年に1,000億円規模、2020年には2,000億円規模に到達すると予測されています。
※参照:国内動画広告の市場動向調査

ちなみに、完全に蛇足ですが、あの清水寺が「スペシャルサイト」としてリリースしている「清水へ参る道」の動画がめちゃめちゃ良いです!清水寺行きたくなってしまった。
※動画はこちら

事例紹介という名の宣伝をします!

以上の話をまとめると、Webマーケティングの手法における「動画」は「コンバージョン」という観点で、今後非常に強力な一手となりそうです。

とはいうものの、まだまだイメージが湧きづらいと思いますので、クライアント様とクラウドワークス(以下、CW)が共同で行った事例を1つご紹介します。

お客様はアルバイト・パート求人情報サイトである「フロム・エー ナビ」を運営されているリクルートジョブズ様。当時、「従来の求人原稿では、現場の雰囲気が分からない」という課題感がありました。そこで、原稿という「テキスト」の情報伝達方法ではなく、より雰囲気を伝えることに適している「動画」という方法にて施策を行うことを決め、制作部分にてCWが関わらせていただきました。

結果としては、

・求人原稿を閲覧した求職者の5人に1人が動画を視聴!
・動画を視聴した求職者は未視聴者に比べて、応募率が3倍に!

※参照:リクルートジョブズ社プレスリリース

この案件によりCWとしてもWebマーケティングにおける動画の威力、特に「コンバージョン」を狙った施策との相性の良さを、机上の空論ではなく実感しました。

※MarkeZineさんにて「記事」になっています!

まとめ

「動画マーケティング」に関してこっそりと解説をしましたが、いかがでしょうか。ひとまず、「動画はWebマーケティングの中でも「コンバージョン」施策と相性が良いのだな!」と分かってもらえれば幸いです。実はクラウドワークスでも法人様向けに動画制作のご支援をしておりますので、ご興味のある方はこっそり下記よりお問い合わせください。

次回は、かつてあの有名アニメの制作にも携わったCWの動画ディレクターから「簡単な動画の作り方」を解説しちゃいます。

こっそり「お問い合わせ」してみる。

コメントは受け付けていません。