外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2021.10.06 / 最終更新日: 2021.10.07

【2021年版】ロゴ作成に使えるツール・アプリ・サービス

ロゴを作成する際は、コストをなるべく抑えたい・ある程度は費用をかけておしゃれなデザインにしたいなど、費用とクオリティのバランスを考慮して外注・自作を検討しましょう。今回は、代表的なロゴ作成サービスや、ロゴを自作する場合におすすめのサイト・ツール・アプリなどをそれぞれ紹介します。

ロゴ作成サービス

まずは、ロゴ作成を依頼できるサービスを紹介します。デザイン会社やデザイナーに比べ、比較的気軽に依頼できるサービスをピックアップしました。

ロゴ制作会社への依頼を検討している方は以下の記事をご参照ください。

関連記事:【2021年】今、話題のロゴ制作会社4選!ロゴデザイン依頼ならココ

クラウドワークス

クラウドワークスはロゴ制作の受注実績が360万件以上もあり、12万人以上のデザイナーが登録しているクラウドソーシングサイトです。各ワーカーの実績や評価、過去に制作したロゴのサンプルなどをシステム上で確認できるため、経験豊富な人材・イメージに合うロゴを作成できる人材にロゴの企画やデザインをまとめて依頼できる点がメリットです。
複数のロゴデザイン(約3万円で30提案など)をコンペ形式で依頼することもでき、ロゴに合ったキャッチコピーや企業スローガンなどをあわせて募集することも可能です。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

ココナラ

ココナラはデザイン・イラスト・キャラクター制作などの受注実績が豊富にあるスキルマーケットで、多くのデザイナーやイラストレーターなどが登録しています。ロゴの作成を依頼することもできますが、すでに作品として仕上がっているロゴをそのまま購入することも可能です。個人デザイナーだけでなく、チーム体制で活動しているデザイナーもいるため、様々なテイストのロゴ(手書き・レトロ・3Dなど)を作成してほしいときなどに便利です。

ココロゴ

ココロゴは、ロゴの作成・制作に特化したサービスです。サイトのみの運営によって人件費をカットしているため、業界最安値水準で複数のデザイン(約1万で12提案など)を依頼でき、無料で修正対応も行っています。ホームページ上のメールフォームで料金・納期・ロゴのイメージなどを相談できるので初心者にも利用しやすいシステムですが、一度作成に着手した後はキャンセルができない(返金を受けられない)ため注意しましょう。

ロゴ作成サイト・ツール

次に、ロゴを自作する際に役立つサイト・ツールを紹介します。

さらに多くのツールをチェックしたい方は、以下の記事もあわせてご確認ください。

関連記事:【無料のロゴ作成ツール】おすすめや選び方のポイントを詳しく紹介

Canva

Canva」は100万種類以上の素材(写真・イラストなど)を提供しており、デザインのテンプレートも豊富に揃えています。商用利用もできるため、企業ロゴを作成したい・おしゃれなデザインに仕上げたい・オリジナルのロゴを作成したい場合などにおすすめです。なお、Webサイト版だけでなく、アプリ版のロゴ作成ツールも提供しています。

Hatchful

Hatchful」はSNSのアイコンなども作成できるツールです。マウス操作だけで手軽にロゴを作成でき、テキストのサイズや色の変更など、基本的なカスタマイズに対応しています。業種(美容・飲食など)や、ロゴを使用する媒体(名刺・SNSなど)を選択するとロゴの候補が表示されるようになっており、デザイン経験がない方でも利用しやすい仕様になっています。

Logo Maker

Logo Maker」はテキスト(ブランド名、スローガンなど)と記号・アイコンを組み合わせるだけでロゴを作成できるツールです。シンプルなデザインでありながら、細かなカスタマイズ(サイズ・色・フォント・レイアウトの調整など)にも対応しているため、様々な媒体(SNS・名刺・ポスター・チラシなど)に合わせたロゴを作成できます。

LOGASTER

LOGASTER」は約100種類のデザインスタイル(動物・幾何学模様など)を用意しており、テキストと組み合わせることでオリジナルのロゴを作成できます。サイズや色の変更・キャッチコピーの追加などといった基本的なカスタマイズを行いながら数分でロゴを作成できるため、ロゴの原案を作りたい・手軽にロゴを作成したい場合などにおすすめです。

ロゴデザインの参考になるサイトについては、以下の記事でも紹介しています。

関連記事:ロゴデザインの種類や使えるサイトは?基本知識をまとめて紹介

ロゴ作成アプリ

続いて、ロゴ作成アプリをいくつか紹介します。

ここで紹介していないアプリについては以下の記事を参照してください。

関連記事:【2021年】ロゴ作成アプリ7選!人気おすすめロゴ制作アプリ大紹介

Logo Maker Plus

Logo Maker Plus」はAndroid専用のアプリです。豊富なテンプレートやフォントを提供しており、既存の写真(会社の外観・新商品など)をアップロードしてロゴに活用こともできます。デザイン性の高いカスタマイズ(影をつける・立体的にするなど)にも対応しているため、オリジナリティの高いロゴを作成したい場合・デザインにこだわりたい場合などに適しています。

ロゴ作成ショップ

ロゴ作成ショップ」は豊富な素材(記号・図形・背景など)を使えるアプリです。1000種類以上のテンプレートも利用でき、テキストと素材を組み合わせるだけでオリジナルのロゴを作成できます。iPhone・iPad・Macに対応しているため、スマホでロゴを作成したい・タップ操作で手軽にロゴをデザインしたい場合などにおすすめです。

Logolab:ロゴメーカー & 作成 アプリ

「Logolab:ロゴメーカー&作成アプリ」は、AndroidiPhoneに対応しています。

業種ごとのテンプレートを100種類以上も用意しており、豊富な素材(アイコン・フォントなど)も揃っています。アプリ内課金(月間プラン・年間プランなど)で追加できる機能も多いため、本格的なロゴを作成したい方や、ロゴを洗練されたデザインにしたい方に向いています。

ロゴの作り方やコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:ロゴの作り方を詳しく解説!初心者でもかっこいいロゴを作るコツは? 

今回は、ロゴ作成に役立つ情報をまとめました。関連記事も参照しつつ、クオリティの高いロゴを低コストで作成できる方法を検討してみてください。

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


クラウドソーシングTimes編集部
クラウドソーシングTimes編集部です。クラウドソーシングの最新事例からマーケティングや業務効率化などの企業活動に役立つ情報をお届けします!

コメントは受け付けていません。