外注ノウハウ

公開日: 2022.02.08

【2022年】看板デザイン料金の相場・おすすめの依頼先を紹介

一般的な看板には、立て看板・パネル看板・ポール看板などさまざまな種類があり、素材・形状・サイズも多様です。看板の設置によって、認知度の向上・店舗への誘導(集客)・ブランディングなどの効果が見込めるため、クオリティの高いデザインであることが求められます。
今回は、看板デザインの料金相場や費用を抑えるコツ、おすすめの外注先などについて紹介します。

看板デザイン料金の相場

看板のデザイン料金は「デザイン料」という項目で請求されることもありますが、看板の制作費に含まれている(看板制作+デザインのセット料金になっている)場合もあります。看板デザインと同時に、看板の壁面への取り付け・路面への埋め立てなども依頼したい場合、看板の設置費や施工費も必要となります。

【料金相場】
・看板デザインの料金:1~6万円
・看板の制作費:5~20万円
・看板の設置費・施工費:3万円~

看板制作にかかる費用相場やサイズごとの料金の目安などについては、以下のページを参照してください。

関連記事:看板制作にかかる費用の大まかな相場は?依頼先はどうする?

看板デザイン料金が決まるポイント

次に、看板デザインの料金が決まるポイントを紹介します。

看板の種類、使用材料

制作する看板の種類や形状に応じて、デザイン料金も変動します。外注先によっては、看板の種類などに合わせて料金プランを設定していることもあります。

【看板の種類(一例)】
・店舗の壁面に取り付けるパネル看板
・店舗の入口に飾るスタンド看板
・セメントで埋め立てる自立看板

看板の使用材料も料金を左右する要素です。アルミ材・アクリル板・複合板などといった素材ごとに、原価や加工のしやすさが異なるためです。
また、複数の材料を使用する看板(LED照明付きの看板など)には別途材料費が発生し、制作に手間や技術が必要となる看板(継ぎ目が目立たないように複数枚を接合する大型看板など)はデザイン費が高額となる傾向にあります。

デザインの難易度

看板デザインを外注する際、難易度の高いデザインほど工数がかかるため、料金もアップします。文字(企業名や店舗名など)のみのデザイン、平面へ設置する看板のデザインなどであれば比較的料金を抑えて依頼できます。

ロゴ制作や画像加工の有無

看板デザインに使う素材によって、デザイン料金が変わるケースもあります。自社のロゴをそのまま使う場合は、ロゴを看板サイズにて調整するレイアウト作業がメインとなるので費用を抑えられますが、ロゴ自体の制作を含めて依頼する場合はデザイン料金が高額になるケースがあります。
また、看板に商品画像などを入れる場合は、画像の加工費用が加算されることもあります。

おしゃれな看板ロゴを作る方法や看板ロゴデザインの費用相場などについては、以下のページで詳しく紹介しています。

関連記事:おしゃれなデザインの看板ロゴを作るには?作成時の注意や費用も解説

看板デザイン料金を抑えるには?

続いて、看板デザインの料金を抑える方法をいくつか紹介します。

デザイン案や下書きを用意する

看板制作・デザインをゼロから依頼すると外注先の工数が増えるため、デザイン案のブラッシュアップのみを依頼するよりも料金が高くなる傾向にあります。
そのため、デザインのラフ画や素材(写真・イラスト・ロゴなど)を自分で用意しておき、看板デザインの完成イメージを共有してから依頼すると費用を抑えられます。デザインの用意が難しい場合、完成イメージを伝えるためにインターネット上のフリー素材を見せたり、無料のデザインツールなどを利用してロゴやデザインの原案を作成することもできます。

ロゴを自作する際におすすめのサイト・ツール・アプリなどは、以下のページで詳しく紹介しています。

関連記事:ロゴ作成に使えるツール・アプリ・サービス

依頼するデザイン案の数を減らす

外注先によって、提案してくれるデザイン案の数はさまざまです。「5案までは〇円、それ以上は1案ごとに〇円加算」などのデザインプランが用意されていることもありますが、「デザイン案1点あたり〇円」という料金設定の場合もあります。
いずれにしてもデザイン案の数が多いほど料金が高くなるため、初めから依頼数を減らすのも費用を抑えるひとつの方法です。
ただし、なるべく多くのデザイン案を出してほしい場合、複数案からイメージに合うデザインを選びたい場合などには不向きといえます。

費用対効果の高い依頼先を選ぶ

費用対効果の高い依頼先を選ぶことも重要です。たとえば、提案してもらった看板デザインが希望に沿わない場合は修正を依頼することがありますが、修正料金の設定は外注先によってさまざまです。

・デザイン料金に一定回数の修正料金が含まれているケース(修正3回までは無料・それ以上は修正1回につき〇円加算、など)
・デザイン料金と修正料金が別料金になっているケース

などがあるため、事前に確認しておく必要があります。
先に上げた提案数とあわせて検討し、費用対効果の高い依頼先を選ぶと良いでしょう。

おすすめの看板デザイン依頼先

ここでは、おすすめの看板デザイン依頼先を紹介します。各依頼先の特徴や料金、依頼できることなどをまとめてありますので、参考にしてください。

ASOBOAD

デザイン事務所AMIXが運営する「ASOBOAD(アソボアド)」は、看板デザインや屋外広告デザインなどを請け負うサービスです。さまざまな種類の看板デザインに対応しており、デザインデータをオンライン上でやりとりするだけで依頼が完了します。看板の施工・設計などには対応していないため、デザインのみ外注したい場合に適しています。
別途料金は発生しますが、豊富なオプション(簡易地図の製作、デザインのリーガルチェックなど)を依頼することも可能です。

【デザイン料金の目安】
・小型看板(~450×600mm):3万1,900円
・大型看板(~600×1800mm):3万6,300円
・超大型看板(~1800×3600mm):5万9,400円~
※2回までは修正無料

CUVIC CITY

株式会社トレードが運営する「CUVIC CITY」は、看板のデザイン・制作・施工などを扱うサービスです。全国に42カ所の拠点があるため、既存の看板の点検やメンテナンスを依頼することもできます。看板デザイン・制作の実績を公式ホームページ上で公開しており、デザインする看板の業種・種類・制作料金などで制作事例を絞込検索できるため、看板の完成イメージを想像しやすくなっています。

【料金の目安】
・看板デザインの料金:5,000円~3万円
・看板の制作費:4~40万
・看板の施工費:2~6万円
※修正費を含んだ料金設定ですが、大幅な変更がある場合などは料金が加算されることもあります。

メイク広告株式会社

メイク広告株式会社は、看板の通販サイトを運営する会社です。さまざまな種類の看板(スタンド看板・パネル看板・大型看板など)を扱っており、過去の制作事例や料金をホームページ上で確認できます。本社は和歌山県ですが、全国からの発注に対応しており、看板のデザイン・制作・施工を一貫して依頼できます。

【デザイン料金の目安】
・文字やロゴマークのみのデザイン:6,000円〜
・背景に柄などが入った情報量が少ないデザイン:1万8,000円~
・背景に柄などが入った情報量が多いデザイン:2万7,000円~
・オリジナルのロゴ制作:3万5,000円〜
※2回までは修正無料

株式会社 ラピス・ラズリ

株式会社 ラピス・ラズリは、バナースタンドや壁面グラフィック、大型パネルなどの看板デザインを手掛ける会社です。デザインした看板の印刷・加工にも対応しているため、展示会やショールームなどで使用する看板類(解説パネル・作品のキャプションなど)のデザインを依頼したい場合や、既存のロゴを加工して壁面・床面などに直接貼り付けたい場合の依頼にも適しています。

【デザイン料金の目安】
・看板デザインの料金:5,000円~1万3,000円
※大型パネルなどの場合はサイズなどによって料金が変わるため、見積もりが必要です。

株式会社高昇

株式会社高昇は、看板の通販サイト「看板宝屋」を運営する会社です。看板の制作・デザイン・施工のほか、切り文字の加工や印刷にも対応しています。看板の施工に対応できるエリアは関東(東京・千葉・神奈川・埼玉など)に限定されていますが、その他地域であっても相談可能です。また、デザインは自分たちで用意(もしくは他の依頼先へ外注)し、看板制作のみを依頼したい場合にも対応してもらえます。

【料金の目安】
・看板の制作費:2,000円~3万円
・既製品を購入する場合:1,000円~2万円
※細かいオプションなどが多数あるため、見積もりを確認する必要があります。

クラウドワークス

クラウドソーシング(仕事を外注したい人・受注したい人をインターネット上でマッチングするサービス)を利用して、看板デザインを外注することもできます。
数あるクラウドソーシングのなかでも日本最大級の「クラウドワークス」は登録ワーカー数が400万人を超えており、デザイン経験の豊富な人材を検索・募集・スカウトすることが可能です。

看板デザインを依頼できるワーカー一覧をチェックする

リーズナブルな料金で看板デザインのコンペを実施することもできるため、希望のデザインが決まっていない場合・多数のデザイン案を募りたい場合などにおすすめです。クラウドワークスのコンペは採用したデザインにのみ報酬を支払うシステムであり、追加報酬や手数料などは発生しないため、優れた費用対効果が期待できます。

【料金の目安】
・看板デザインの料金:1~5万円
※コンペ形式の場合:1万円の予算でデザインの平均提案数20
※規約の範囲内であれば無料で修正依頼ができます。

看板デザインコンペの詳細・予算・事例などを見てみる

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

 

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい


伊藤孝介
セールスプロモーション会社を経て独立し、フリーランスで地方自治体や中小企業のマーケティングリサーチ、販促企画などに携わる。 業務拡大のため2017年に合同会社を設立し、現在経営中。 マーケティング系ライター歴5年。マーケティング用語の解説や、事例紹介、WEBマーケティングなどが得意。

コメントは受け付けていません。