マーケティング
2019.06.21
Pocket

飲食店にコンサルタントは必要?役割や料金相場、メリットなど解説

これから飲食店を開業するにあたりコンサルタントに依頼すべきか迷っている、あるいは飲食店を経営していて売上を改善したいがコンサルタントを使うべきか悩んでいるというような店主や経営者は多いでしょう。今回は飲食店コンサルタントの役割や利用するメリット、料金相場などをご紹介します。

飲食店のコンサルタントの役割とは


飲食店のコンサルタント(以下「飲食コンサル」と表記します)は、おもにどのような仕事をするのでしょうか。

開業や業績の向上のサポート

飲食コンサルは、個人で営業している専門コンサルだけでなく、業態別のコンサルタントを複数抱える総合的なコンサルタント会社が、依頼主のオーダーに応じて専門のコンサルタントを派遣するケースもあります。

業務内容によってその種類は大きく2つに分かれます。お店全体の売上やイメージ、顧客満足度など、総合的な業績を向上させるための提案やアドバイスを行う「総合型コンサル」と、売上向上のみ・スタッフ教育のみなど、特定の分野に特化した問題点や課題解決の手伝いをする「特化型コンサル」とがあります。

その役割や提供するサービスは、以下のように多岐にわたります。

1.開業支援:お店のコンセプト設計やメニュー作り、飲食店開業のすべての準備に対する提案とアドバイス、または代行作業
2.経営支援:売上や集客力アップのための各種調査・分析やコンサルティング、経営者の悩みに対する解決策の提案とアドバイス
3.販促支援:効果的な告知方法提案、ツール制作、プロモーション代行など
4.教育・育成支援:店長・スタッフ教育、コーチング、採用、各種研修・セミナーの実施、マニュアル作成など
5.その他:問題点発掘、店舗QSCチェックなどによるお店の弱点の把握と解決

依頼者のオーダーに応じて上記の個別対応、あるいは複数の組み合せによって問題解決に取り組みます。

飲食店のコンサルタントの料金相場


飲食コンサルを依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

150万円前後が目安

飲食コンサルの費用は、依頼する内容やボリューム、解決するためにかかる時間や人数、個人あるいはコンサルティングファームによっても異なりますが、150万円前後が目安といわれています。

企業規模によって実績や情報量は変わりますが、必ずしも「大きな会社=自店が希望する優れた会社」ではありません。例えば、スタッフ教育のみを依頼したい場合、その分野に特化した専門会社のほうが良い成果を期待できます。

また、個人のコンサルタントでも、廃店間近の店舗をV字回復させた、などの実績をもつ有名コンサルなども数多くいます。自店が改善を望む分野に長けたコンサルタントを選ぶことが重要です。

成果報酬型ではない点に注意

飲食コンサルの契約は「成果報酬」ではありません。成果や結果があらわれなくても、相談料や提案費、調査などにかかった実費、関わった人の人件費などは支払わなければなりません。事前に契約内容と見積りをしっかりと確認し、十分に納得したうえで契約するようにしましょう。

コンサルタントにレベル差がある理由


コンサルタントには残念ながらその実務能力に差があります。それは以下の理由によります。

資格が必要ない

コンサルタントには必要な資格などはなく、乱暴にいえば誰でもコンサルタントを名乗ることができます。飲食コンサルには、中小企業診断士の有資格者のほか、元店長やSV、料理長、飲食メーカー企画担当、販促担当者などの現場経験者が多いです。

しかし、飲食店でバイトを1ヶ月だけやったことがある人でもコンサルタントになることができるのです。レベルの差という以前に、このような「不良コンサル」も業界には存在します。

成果が判断しにくい

ゴールとしている売上目標やKPIがしっかりと数値化されている場合は別ですが、依頼する側も成果や結果を判断しづらいのがコンサルタント業務の課題であり、レベル差を生む原因にもなっています。コンサルタントに依頼する際は、例えば「半年で売上20%アップ」や「3ヶ月で客数を1.5倍にする」など、何をもって成功とするかの指標を明確にし、両者合意のもとで契約をするようにしましょう。

コンサルタントに依頼するメリット


飲食コンサルを利用するメリットは、以下のようなものがあげられます。

コンセプトのアドバイスがもらえる

これからお店をオープンする時に重要な作業といえば「お店のコンセプトづくり」です。しかし「明るいお店がいい」「アットホームな感じにしたい」など、断片的なイメージは整理できても、コンセプトにまとめる作業は素人には難しいプロセスです。

コンセプトは店舗の立地やメニュー、内装など、お店づくり全般に影響するため、できれば店舗コンサルに頼んでアドバイスをもらいましょう。

店舗立地のアドバイスがもらえる

お店の場所を選ぶ際に、繁華街で安く出店できる場合は迷うことは少ないですが、例えば少し奥まった場所で複数の候補地が出た場合などは、素人では判断が難しいことも多々あります。このような場合には、飲食コンサルの判断を仰ぐことで、納得のいく場所選びが可能となります。

原価に配慮したメニューが作れる

飲食店のメニューは、おおむね原価率7割程度で設定されることが多いです。しかし、プロがメニューを考えると赤字覚悟の目玉商品もあれば、原価率が1割程度のメニューもあるなど、トータルで原価率3割前後を実現させるようです。

飲食コンサルは、集客アップにつながる目玉商品や誰にでも好まれる定番メニューなどをバランスよく設定することで、全体でしっかりと採算がとれて売上向上につながるようなメニュー構成を設計します。

また、特に売りたいメニューの注文率が上がるようなデザインや、メニューブックの構成の作成など、顧客の注文をコントロールする手法の提案やアドバイスも期待できます。

経営に関するアドバイスをもらえる

飲食店の店主や経営者は調理のプロが多いですが、店舗運営には経営の知識やノウハウが必要であり、そういうときの強い味方が飲食コンサルです。経営の知識やデータ分析手法、問題発見の方法などを習得できるほか、客観的な意見を聞くことで、自分では気付けなかった課題や自店の強みを発見できます。また、悩みが相談できることで精神的な安堵感を得る人も多いです。

多店舗展開のノウハウが得られる

店主の目が行き届く範囲の1店舗のみであれば、自分だけで経営していくことも可能です。しかし、多店舗展開をしていく場合には、飲食コンサルの力を借りたほうがよいでしょう。市場や消費者ニーズの変化は速く、流行り廃りがめまぐるしく変わる現代社会において、全てのお店を順調に成長させていくためには、信頼できるコンサルタントを身近に置いておくことが必要不可欠といえます。

場合によっては、いろいろな分野に精通したコンサルタントを複数配置しなければならないこともあるでしょう。こうした判断ができることも優秀な経営者の能力といえます。

まとめ

飲食コンサルに依頼するかどうかを迷う店主や経営者は多いかもしれませんが、プロの視点による指摘やアドバイスはメリットも多いです。依頼する場合は、自店が改善したい分野に精通したノウハウと実績を有するコンサルタントを慎重に選ぶ必要があります。何度か面談をして、相性も見積も納得のいくコンサルタントを選ぶようにしましょう。

クラウドソーシングの利用企業
500社から聞いたアンケート結果を大公開します。

クラウドソーシングを活用する企業が増えています。約500社の発注内容、メリットやデメリットを紹介します。

【こんな方におすすめ】
・クラウドソーシングの実態を知りたい
・利用企業のリアルな声を聞きたい
・使い方や発注の流れを知りたい

Pocket


coolpolaris
広告代理店でマーケティングやストラティジックプランナー、ライター等を長年担当。専門は統合マーケティングコミュニケーションで、リサーチ実施・分析及びWEBも含めたトータルコミュニケーションプランやの構築やブランディングを得意とする。WEBマーケティング経験も多数。

コメントは受け付けていません。