外注ノウハウ
Pocket

公開日: 2021.08.27 / 最終更新日: 2021.09.17

イラスト依頼のメール、書き方は?すぐ使えるテンプレートや文例も紹介

イラスト作成を外注する際にはメールを使うことが多いですが、具体的にどのようなメールを作成すれば良いのでしょうか。今回は、イラスト依頼メールの書き方や記載すべき内容、メールフォーマット・例文などを紹介します。

イラスト依頼のメールに記載すべき内容

まずは、依頼メールに記載すべき内容を紹介します。

イラストの用途や使用媒体、ターゲット

依頼メールには、作成してほしいイラストの用途(企業のPR、商品の認知度アップなど)や、使用媒体(会社案内パンフレット・ECサイトなど)を記載しましょう。

用途や使用媒体は依頼料金を左右する要素でもあるため、何の目的で・どのような場でイラストを使用したいのかを明記することが重要です。また、企業広告に掲載するイラストを依頼する場合などについては、イラストで表現したいイメージや企業のターゲット層を詳しく伝えておくことが効果的です。

イラストの枚数・サイズ・フォーマット

発注したいイラストの枚数やサイズ、フォーマット(ファイル形式)を明記することも重要です。
イラストのファイル形式(gif・jpeg・pngなど)によっては、小さいサイズを大きく引き伸ばすと画像が荒くなってしまう可能性があるため、依頼時に正確に伝えるようにしましょう。さらに、Illustrator、Photoshopなど特定のデザインソフトのみで使用するファイル形式もあるため、注意が必要です。

二次利用の有無

イラストの二次利用とは、依頼時に想定していた媒体以外でもイラストを利用することです。例えば、依頼時の使用媒体はポスターのみであったものの、後に企業HPでもイラストを利用することになった場合などが該当します。
各イラストには著作権があり、二次利用をする場合は「イラストを利用する権利を買う」必要があります。そのため、二次利用の可能性がある場合は事前に伝えるようにしましょう。

希望納期

依頼メールの中でイラストの希望納期を明示することも必要です。具体的な日時を記載することで、受注可能な枚数やクオリティなどを依頼先に判断してもらいやすくなるためです。
また、イラストの作成には下書き・ラフ・着色などの工程があるため、各工程の仕上がりを確認したい場合はその旨も伝えておきましょう。

予算、支払い方法

依頼のメールには、予算(概算でも可)や依頼費用の支払い方法を明記しましょう。とくに、支払いの方法や期日については、詳細をきちんと記載しなかったために後日トラブルになるケースも見られるため注意が必要です。

イラスト依頼メールのテンプレートと例文

次に、依頼メールのテンプレート・例文をそれぞれ紹介します。

メールテンプレート


********************************
件名:イラスト依頼のご相談
********************************

【依頼概要】
※依頼メールの冒頭にはイラストの用途や使用媒体、二次利用の有無などといった要件を簡潔に記載し、詳細な依頼内容は以下に箇条書きでまとめます。

【依頼内容詳細】
・ターゲット層
・イラストの枚数、想定サイズ、フォーマット
・予算、支払い方法
・希望納期

※会社情報などを文末に記載します。
※イラストのサンプル(完成イメージなど)がある場合は添付します。


次項では、テンプレートを使った実際のメール例文を紹介します。

テンプレートを使った例文


********************************
件名:イラスト依頼のご相談
********************************

お世話になります。
〇〇(会社名・所属部署名)の〇〇(氏名)と申します。

弊社HPの企業広告で利用するイラスト作成について、〇〇様(相手の会社名でも可)にご相談させていただきたく、ご連絡いたしました(イラストの完成イメージについては、添付ファイルをご参照くださいませ)。

お引き受けいただける場合、詳細をお打ち合わせにてお話ししたいため、〇〇様(担当者様でも可)のご都合の良い日程を2~3つほどご提示いただけますでしょうか。

イラストの二次利用は予定しておりませんが、場合によってはチラシ・パンフレットによる宣伝も視野に入れているため、その点もご相談させていただけますと幸いです。

お忙しいところ恐縮ですが、ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。

【依頼内容詳細】
ターゲット層:花や植物に興味のある20~40代の女性
イラストの枚数:3枚
想定サイズ:1000~2000px/100dpi以内
フォーマット:PSD形式
予算:20~30万円
支払い方法:銀行振込(当月の月末にお振込み致します)
希望納期:◯月◯日~◯日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社〇〇 総務部 氏名(ふりがな)
企業HPのURL
郵便番号:000-0000
TEL:000-0000-0000(直通)000-0000-000(代表)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


文例上の情報を依頼したい内容に置き換えて活用してみてください。

イラスト依頼メールのポイント

上記のフォーマット・例文を踏まえ、依頼メールを作成する際のポイントを紹介します。

用件がわかる件名にする

依頼メールの件名は、メールを開く・返信するタイミングに影響するため、簡潔に用件が伝わる件名にします。複数のメールが受信ボックスに届いている場合、件名がわかりやすいメールから優先的に対応する人も多いでしょう。
件名を空欄にしてメールを送付すると、迷惑メール扱いとなって依頼先に届かないケースもあるため注意が必要です。

自分の連絡先(ビジネスであれば社名など)を明記する

ビジネスマナーとして、依頼メールの末尾などに個人の連絡先を明記しましょう。依頼先からすると、事前に顧客情報(会社名・氏名・連絡先・公式HPなど)を把握できたほうが安心して受注できます。
依頼側の情報が記載されていない場合は、マナー違反や安全性などを理由に返信そのものを控えられるケースもあります。

希望する仕上がりイメージを伝える

依頼内容をメールで相談する段階で、希望するイラストの「完成イメージ」を伝えることが重要です。例えば、イラストのサンプルを添付してテイストを共有したり、自社の業種・利用シーンなどを知らせたりなど、イラストの具体的なイメージを伝えましょう。

くだけた表現は使用しない

依頼メールの文面で、くだけた表現(口語表現・丁寧語の省略など)の使用は控えましょう。用件を簡潔に伝えることも重要ですが、正しい日本語で連絡を取り、相手に敬意を伝えることで信頼関係を築きやすくなります。

イラスト依頼は「クラウドワークス」でも可能

イラストを依頼する際は、クラウドソーシングサービス(仕事を発注したい・受注したい人をマッチングするサービス)を利用することもできます。

なかでも業界最大手のクラウドワークスには、イラストレーター・デザイナーなど、イラスト作成のスキルを持つ人材が多く登録しています。依頼メールのフォーマットが用意されているためスムーズに発注ができ、発注側・受注側ともに相手の登録情報を確認できるため、メールで長々と説明する必要もありません。

他の発注者によるイラストの依頼事例や相場価格などを参考にでき、システム上で依頼・納品・支払という一連の流れが完結するため、イラスト依頼が初めてという人にも使いやすいメリットがあります。
依頼したいイラストレーター・デザイナーを探すほか、複数のイラストレーター・デザイナーからイラストを募集するコンペ形式も利用できるため、具体的なイラストイメージが固まっていない状態での発注も可能です。

クラウドワークスの使い方や事例、発注相場がわかる資料をダウンロードする

クラウドワークスのサービス資料
サービス特徴、活用事例、発注相場などを紹介しています。

本資料ではクラウドワークスの特徴、事例、使い方、ワーカーの属性、発注相場などサービスの情報をまとめています。

【こんな方におすすめ】
・サービスを詳しく知りたい
・外部人材の活用を検討したい
・発注相場や事例を知りたい
Pocket


伊藤孝介
セールスプロモーション会社を経て独立し、フリーランスで地方自治体や中小企業のマーケティングリサーチ、販促企画などに携わる。 業務拡大のため2017年に合同会社を設立し、現在経営中。 マーケティング系ライター歴5年。マーケティング用語の解説や、事例紹介、WEBマーケティングなどが得意。

コメントは受け付けていません。