リクルート社からクラウドワークスへご出資いただきました。

先行して各メディアから流れていますが、リクルート社からのご出資をいただきました。

リクルート、クラウドソーシング事業参入 ベンチャーに出資http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ0704G_X00C14A8TJ1000/

クラウドワークス、リクルート投資子会社に第三者割当増資を実施、登録者数は20万人を突破
http://thebridge.jp/2014/08/crowdworks-got-fundraising-from-recruit-holdings

クラウドワークスに人材大手のリクルートが出資--相互にサービス連携へ
http://japan.cnet.com/news/business/35051920/

クラウドワークスがリクルートを割当先とした第三者割当増資——理由は資金ニーズより事業シナジー
http://jp.techcrunch.com/2014/08/08/jp20140808crowdworks/

リクルート社からの発表
http://www.recruit.jp/news_data/release/2014/0808_7734.html
「クラウドワークスは、今回の資金調達により、日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』の追加開発と営業体制の強化を実行することで、さらなるサービス拡大へとつなげていく予定です。」

人材最大手のリクルート社がクラウドソーシング業界においてクラウドワークスを選んだことは象徴的な出来事であり、国内のクラウドソーシング業界のターニングポイントであると考えています。

今回の出資により、電通・リクルート・サイバーエージェント・デジタルガレージと各業界のNo.1と連携させていただくことになり、クラウドワークスは国内No.1はもとより各社のネットワークを活かして世界戦略へ布石を打っていくことになると思います。

私たちが手掛けているのは、個人にフォーカスをあてた21世紀の社会インフラであると考えています。企業の信用インフラが20世紀かけて構築されていったようにこれから100年かけて個人が働くための社会インフラが成長していく。

具体的には企業の場合、

・登記簿には資本金
・帝国データバンクには与信情報
・証券取引所は第三者が保証する信頼

といった与信インフラがありましたが、個人には従前ありませんでした。履歴書もある意味自称でしかない。だから個人の採用や仕事にはリファレンスという概念が重要でした。

そのような中でクラウドワークスにおいて人々は「100件受注して評価(5段階のうち)4.8、ありがとう数は300」などの明確な実績と信頼を積み上げていくことが可能になり、信用が可視化された個人については実際に企業からスカウトで仕事がくるようになっています。

この社会が進むと個人は社会的弱者では無くなり、個人として社会的信用が得られるようになり、人の働く選択肢が格段に広がる、そう考えています。

実際に我々の調査では、クラウドワークスを活用して働く女性の9割以上が「働く機会が増えた」と回答いただいています。

クラウドソーシングではたらくママが急増中、利用者の9割が働く機会の増加を実感 ~クラウドワークス、女性ユーザーを対象とした利用動向の調査結果を発表~
http://crowdworks.jp/press/?p=2870

そして我々が目指しているのは仕事だけではなく、個人にとっての「仕事」「教育」「社会保障」の3軸のインフラの整備です。創業以来一文字も変わらない我々のミッションである

『21世紀の新しいワークスタイルを提供する
~個の力を最大限活性化し、社会の発展と個人の幸せに貢献をする〜』

に向かって、リクルート社のご支援を新たに頂きながらチーム一同全力で邁進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

コメントは受け付けていません。